【保存版】できてしまったシミは薄くできる?効果のあるクリームを紹介!

出来てしまったシミはどうする?

「気が付いたら、こんなとこにシミができてしまった!」年齢を重ねるとシミに悩むことも増えてくると思います。

シミができてしまうと、どうしても老けて見えてしまったり、気になって気持ちが落ち込んでしまいますよね。

できてしまったシミは薄くすることができるのでしょうか。どんな化粧品、クリームを使えば良いのかを解説していきます。

出来てしまったシミは化粧品で消せる?

シミは化粧品で消せる?

顔や肌にできてしまったシミは化粧品で消すことができるのでしょうか?

答えはノーです!一般的な化粧品ではできてしまったシミは消すことはできません。

じゃあ、どうすればよいのか。

医薬部外品と書かれたシミに効果のある成分が入ったクリームなどを使用することです。

医薬部外品とは、厚生労働省が効果があると認めた成分なので、シミに対しても有効的に作用します。

しかし、できてしまったシミを完璧に消すのは難しいです。注意点としては

  • シミを薄くすることは可能
  • 濃く色素沈着したシミは難しい
  • 肌のターンオーバーを促すので時間がかかる

ということです。

出来て間もない薄いシミの場合は限りなくわからなくなるくらいまで薄くすることは可能です。しかし、濃く色素沈着してしまったシミを綺麗に消すことはほぼ不可能です。

薄くすることはできるかもしれませんが、化粧品やクリームに頼るよりも皮膚科にいき相談するほうが良いでしょう。

シミはなぜできるのか?

シミはなぜできるのか

シミができてしまうのはメラニンの働きによるものです。肌が紫外線を浴びると肌を守ろうとしてメラニンが生成されます。

強い紫外線を長時間浴びるほど、メラニンが過剰に生成されてしまい、色素が沈着してシミになってしまいます。

シミに効果のある美白成分

シミに効果のある美白成分とは

できてしまったシミに効果のある成分とは、上記で解説したメラニンに働きかける成分の事を指します。

シミに効果のある美白成分はとても多いです。医薬部外品していされている成分だけでも約20種類。代表的なメラニンに効果があるとされる医薬部外品成分は以下の通りです。

  • ハイドロキノン
  • トラネキサム酸
  • プラセンタエキス
  • アルブチン
  • ビタミンC誘導体

ただ、これらの成分も働き方が違います。

  • メラニンを作らせない
  • メラニンの排出を促す

このどちらか、もしくは両方の働きをします。

これらの成分について簡単に解説します。

ハイドロキノン

ハイドロキノンはシミにとても効果のある成分として有名です。皮膚科でもハイドロキノンを使用してシミ対策をしているところがあるほど。

ハイドロキノンはシミの原因であるメラニンの生成を抑えたり、メラノサイトの働きを抑えます。また、ビタミンCやアルブチンなどの美白に期待できる成分の約100倍近い効果が期待でき、肌の漂白剤と言われるほどです。

シミの予防から出来てしまったシミ対策まで、まさにシミに対しての救世主と呼べるでしょう。

参考:ハイドロキノンの使い方|スキンケア大学

トラネキサム酸

トラネキサム酸はアミノ酸の一種です。トラネキサム酸はメラニンの生成を抑制する作用があります。あくまでメラニンの生成を抑制するだけなので、出来てしまったシミにはあまり効果が期待できません。

シミができないように予防するために使うのが一般的です。

プラセンタエキス

プラセンタエキスとは、動物の胎盤から栄養素を抽出したものです。プラセンタエキスにもメラニンの生成を抑制する働きがあります。また、代謝を促すことで肌のターンオーバーを促進させる効果も期待できます。

肌が正常にターンオーバーを繰り返すことでシミは薄くなります。

アルブチン

アルブチンはハイドロキノンにブドウ糖が結合したハイドロキノン誘導体と呼ばれています。メラニン色素の生成をブロックするのでシミの予防にとても効果的だと言われています。しかし、できてしまったシミに対しては効果はありません。

ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体は化粧品にも配合されることが多い成分ですね。ビタミンC誘導体にはできてしまったメラニンを還元して、色素沈着を防ぐ作用などが期待できます。

また、美肌効果があるビタミンCを肌に浸透しやすいように導いてくれるので、美肌効果も期待できます。

これらが主にシミに効果のある成分です。シミ対策の化粧品やクリームを探している場合はこれらの成分が配合されているかに注目して選ぶようにしましょう。

できてしまったシミにオススメのクリームランキング

できてしまったシミにオススメのクリームランキング

ここからはできてしまったシミに対してオススメのクリームランキングを紹介します。

出来てしまったシミに効果的な成分

  • ハイドロキノン
  • ビタミンC誘導体

これらの成分に注目してランキングを紹介していきます。できてしまったシミに悩んでいる方は参考にしてくださいね。

[1]ビーグレン ホワイトケアセット
出来てしまったシミに対してめちゃくちゃオススメなのがビーグレンのホワイトケアセットです。
ビーグレン独自の浸透技術でハイドロキノンをシミの元まで届けるので高い効果が期待できます。
365日返金保証は効果に自信があるからこそ出来る事ではないでしょうか。
オススメ度 [star5.0]
販売価格 1,800円
返金保証 365日返金保証
備考 独自の高い技術でリピーターが続出

詳細ページ公式ページ

[2]ラグジュアリーホワイト
皮膚科の専門家が開発したシミケア専用の化粧品
アンプルール独自の「新安定型ハイドロキノン」がシミに対して効果的にアプローチします。
できてしまったシミだけじゃなく、これから出来るシミ予備軍にも作用するので早めのケアがオススメ。
オススメ度 [star4.5]
販売価格 1,890円
返金保証 無し
備考 シミ肝斑治療センター併設の美容皮膚科総院長が開発・監修したスキンケア

詳細ページ公式ページ

[3]ポーラ ホワイトショット
ハイブリッド
ポーラが2018年に発売した集中美白美容液。
決して安くはないですが、高い効果を期待できます。
オススメ度 [star5.0]
販売価格 12,000
返金保証 無し
備考 集中美白で気になる部分にピンポイントケア

詳細ページ公式ページ

シミを増やさない為に

シミを増やさない為に

シミを増やさないためには紫外線対策が重要になります。

  • 紫外線から肌を守る
  • メラニンの生成を抑える

特に暑くなってくる夏の紫外線はとても厳しいです。春先から秋口にかけて、朝の8時前後から夕方16時くらいまで紫外線が厳しい時間があります。

紫外線から肌を守る為には

  • 極力肌を出さない
  • UVをカットする

これを意識する必要があります。

身体の場合は肌を露出しなければ紫外線から守ることができますが、顔の場合はそういったわけにもいけません。

顔は、しっかりとUVカットができる日焼け止めやファンデーションを使うようにしましょう。紫外線に強いファンデーションや日焼け止めを選ぶ場合は、PA++ or PA+++を選ぶようにしましょう。

メラニンの生成を抑える

紫外線を浴びたとしてもしっかりとメラニンの生成を抑えることができればシミ予防につながります。メラニンの生成を抑えるためには、

  • ビタミンC誘導体
  • トラネキサム酸
  • アルブチン

これらの成分が配合されている化粧品やクリームを使うのがオススメです。

シミ予防ができるクリームランキング

[1]ビーグレン ホワイトケアセット
ビーグレンのホワイトケアセットはできる前のシミ対策にもとてもオススメです。ハイドロキノンだけじゃなく、新型ビタミンC誘導体なども配合されているのでシミ対策には最適です。
365日返金保証は効果に自信があるからこそ出来る事ではないでしょうか。
オススメ度 [star5.0]
販売価格 1,800円
返金保証 365日返金保証
備考 独自の高い技術でリピーターが続出

詳細ページ公式ページ

[2]HANAオーガニック
大人気のオーガニックコスメを販売しているHANAのオーガニックのトライアルセットがオススメです。ホワイトケア美容液、スポット美白クリームが特にオススメです。
オススメ度 [star4.5]
販売価格 1,480円
返金保証 無し
備考 ホワイトケア美容液、スポット美白クリームの単品もオススメ

詳細ページ公式ページ

[3]プラチナVCセラム
SNSをはじめとしたメディアからとても人気のでたプラチナVCセラム。いまならトライアルセットがお得にチャンスです
オススメ度 [star4.0]
販売価格 1,800円
返金保証 30日間返金保証
備考 シミだけじゃなく、肌の黄ばみやくすみにも効果的

詳細ページ公式ページ