脱毛グッズ

足がカミソリ負けしてかゆい!そんなときはこれで決まり!

カミソリ負けがつらい

夏になると肌を出すことが増えてくるので、ムダ毛処理をする回数が増えてきますよね。

特に足のムダ毛はカミソリで処理をする人も多いです。

そこで困るのがカミソリ負け。。

思い当たりませんか?

  • カミソリでムダ毛を剃るけど、チクチクしてかゆくなる
  • 足に黒いぶつぶつができて気持ち悪い
  • 赤くなってしまってなかなか治らない

これらは全部カミソリ負けが原因です。

どうやってもカミソリ負けをしてしまうあなたへ、原因と対処法を教えますね。

カミソリ負けが起こる原因

カミソリ負けの原因

カミソリ負けになる人には共通する原因があります。

あなたがカミソリ負けで悩んでいるなら、当てはまるものがないか見てくださいね。

  • カミソリが古い
  • 入浴中に剃る
  • 逆剃りしている
  • シェービングムースを使っていない
  • 肌が敏感な時期に剃っている

これらに当てはまるのであれば注意が必要です。

カミソリが古い

カミソリが古い

毎回ムダ毛を処理するのが面倒で古いカミソリを使っていないですか?

古いカミソリだと、剃りにくくなって無意識のうちに力をいれてしまいがち。
肌を傷つける原因になってきます。

また、お風呂場でカミソリを保管しているのもNGです。

お風呂場は湿度が高いので、知らない間に菌が繁殖してしまいます。
そのまま剃るとさらに肌にダメージを与えてしまうので注意しましょう。

入浴中に剃っている

入浴中の処理はNG

入浴中にムダ毛の処理をしていませんか?

お風呂場は肌が柔らかくなって剃りやすそうな気がしますよね。

でも、実は柔らかくなりすぎて本来必要な角質まで剃ってしまう可能性があります。

また、処理をしてそのままお風呂につかるのは絶対にやめましょう。
湯船には目に見えない雑菌がたくさんいたり、熱によって肌が刺激されて悪化する危険があります。

なるべく入浴中にムダ毛を処理するのはやめた方が良いでしょう。

逆剃りしている

剃る方向は大丈夫?

足のムダ毛をカミソリで剃るとき、方向を考えて剃っていますか?

毛の流れにそって剃るとカミソリ負けしにくく、毛の流れにさからって剃ると綺麗にそれますが肌への負担が大きく、カミソリ負けしやすくなります。

逆剃りするときには、カミソリを持っていない側の手で剃る部分の周辺を押さえて肌を伸ばしながら剃るのがオススメです。

剃る時に力を入れないようにすることも大事ですね。

シェービングムースを使おう

シェービングムースを使おう

足のムダ毛を剃る時に、シェービングムースを使っていますか?

  • 何もつけずにそのまま剃る
  • ボディーソープで剃る

これはNGです。

肌を傷つけるだけでなく、傷ついた箇所を刺激してカミソリ負けが悪化する原因にもなります。

ちゃんとシェービング用のムースやクリームを使って剃るようにしましょう。

肌が敏感な時期に剃っている

敏感な時期はNG

普段は問題なくても、肌が敏感な時期に剃るとカミソリ負けしてしまうということもよくあります。

女性にとって敏感な時期とは、生理中、妊娠中、体調が優れない時、睡眠不足のときなどです。

これらの時は肌が敏感になっており、カミソリ負けしやすい時期です。

無理にムダ毛を処理するのはやめておいた方がいいですね。

カミソリ負けを早く治すコツ

 

カミソリ負けを早く治すコツ

足に限らず、カミソリ負けに悩んでいるのであれば、以下の事をためしてみてください。

  • カミソリ負けの場所を冷やす
  • 薬を塗ってケアする
  • 肌に優しい洋服を着る

これらがカミソリ負けを早く治すコツです。

冷やす

カミソリ負けの部分を冷やす

カミソリ負けしてしまった場合、まずは冷やすことが重要です。

冷やすことで炎症を抑えて、ひりひりする痛みを沈めることができます。

冷やしてみても、ヒリヒリがおさまらない。
痛い!かゆい!といった場合は薬を塗るのが効果的です。

薬を塗ってケアする

薬を塗ってケアする

カミソリ負けには薬によるケアも効果的です。

中でもオロナインH軟膏はオススメ。ドラッグストアでも簡単に購入できるのも嬉しいですね。

オロナインH軟膏に含まれるクロルヘキシジングルコン酸塩液という成分が殺菌効果があり、炎症の原因にアプローチしてくれます。

ただし、あくまで応急処置なので、ずっとオロナインH軟膏でケアするのはよくありません

オロナイン皮膚症と呼ばれる症状は現在では見られなくなりましたが、ニキビができてしまう可能性もあります。

赤いぶつぶつやかゆみがおさまってきたら使用するのはやめましょうね。

肌に優しい服を着る

肌に優しい服を着よう

あまり意識されない人もいますが、カミソリ負けをしている間は肌に優しい服をきるように心がけましょう。

オススメはシルク生地の服です。肌触りが良く、熱がこもりにくいのでかゆみも抑えられます。

肌にピタッと来る服や、熱がこもりやすい服、静電気が溜まりやすい服などは避けるようにしてくださいね。

どうやってもカミソリ負けしてしまうあなたへ

カミソリ負けしてしまうあなたへ

何をしてもカミソリ負けしてしまう人へ。

どれだけ入念にケアしても、カミソリ負けしてしまう体質の方なのかもしれません。

そんなあなたは、思い切ってカミソリを使うのをやめましょう。

カミソリ以外にも

  • 脱毛サロンで脱毛する
  • 除毛クリームで除毛する

これらの方法があります。

これらには、メリットとデメリットがあるので紹介していきますね。

脱毛サロンで脱毛するメリットデメリット

脱毛サロンのメリット・デメリット

脱毛サロンで脱毛するメリットとデメリットを紹介します。

脱毛サロンのメリット

  • プロの手で無駄なくきれいに脱毛できる
  • 肌に優しいサロンでケアできる

脱毛サロンのメリットといえばこれですね。
脱毛のプロが施術してくれるのできれいに脱毛できて、ムダ毛を処理する手間がなくなります。

脱毛サロンのデメリット

  • 脱毛サロンの予約がとりづらい
  • 費用がかかる
  • 時間がかかる

この3点がデメリットです。

脱毛サロンはとても人気なので、場所によっては(特に都心など)予約がとりづらいことが多いです。

また、費用が掛かるというイメージを持っている方も多いはず。
全身脱毛をすると、確かに10数万円することもよくあります。

ただし、部位を限定してキャンペーンを利用すると1000円で脱毛できることもあるので、お見逃しなく。

除毛クリームのメリットデメリット

除毛クリームのメリットデメリット

最近では除毛クリームや除毛スプレーの人気が高まってきています。

ここでは、除毛クリームのメリット・デメリットを紹介します。

除毛クリームのメリット

  • 自宅で簡単にできる
  • 肌に優しいので荒れにくい
  • コスパが高い

これらがメリットです。

除毛クリームや除毛スプレーの多くは塗ってから5~10分放置して、洗い流すだけという簡単なものです。

肌にも優しい成分で出来ているので、カミソリ負けで悩んでいた方にもオススメです。

除毛クリームのデメリット

脱毛ではなく除毛であるということ

あまりないデメリットですが、しいてあげるのあればこれ。
除毛クリームは脱毛するわけではないので時間が経てば生えてきます。

抑毛効果があるクリームなどもあるので、使えば使うほど毛が細くなったり、生えるのが遅くなるので使い続けるのがオススメです。

ジョーモは効果ある?
【暴露】joomo(ジョーモ)の悪い口コミも紹介!実際に脱毛できる? joomo(ジョーモ)は除毛スプレーとして大人気の商品です。 モデルさんをはじめ、元乃木坂のメンバーも愛用していると話題に...