【保存版】くるぶしの黒ずみに効果のあるクリーム3選+α

くるぶしの黒ずみにはクリームを使おう

くるぶしが黒ずんでいるとヒールやお洒落な靴を履こうと思ってもちょっとためらってしまいますよね。

くるぶしの黒ずみの原因は摩擦や紫外線によって皮膚がダメージを受けているからです。

くるぶしの黒ずみに悩んでいるのであれば、クリームを使ってくるぶしを綺麗にしてあげましょう。

くるぶしの黒ずみに効果のあるクリーム

くるぶしの黒ずみに効果のあるクリーム

くるぶしの黒ずみに効果のあるクリームにはいくつか選ぶポイントがあります。

黒ずみに効果のあるクリームを選びポイントは

  • 保湿成分
  • 美白成分
  • 美容成分

を見て選びましょう。

くるぶしの黒ずみに効果のあるクリーム3選

[1]1位 薬用アットベリー
薬用アットベリー
ワキや二の腕の黒ずみに効果があると人気の薬用アットベリーですが、くるぶしにもしっかりと効果があります。
5種類の美白成分6種類の保湿成分がたっぷりと肌をケアしてくれるので、気になる部分にたっぷり使って黒ずみを退治していきましょう。
オススメ度 [star5.0]
価格 2,980円
返金保証 180日間の返金保証付き
備考 コンシェルジュサポート付き

詳細ページ公式ページ

[2]2位 ロコシャイン
ロコシャイン
たくさんのメディアにも取り上げられているロコシャイン。
くるぶしだけでなく、ひざやひじの黒ずみにも高い効果があります。
たっぷりの保湿成分と美白成分で弱った肌をケアしてくれます。
オススメ度 [star4.5]
価格 3,480円
返金保証 25日の全額返金保証
備考 続ければ続けるだけお得に

詳細ページ公式ページ

[3]3位 ラスター
ラスター
1日2回使用することで、くるぶしの黒ずみをしっかりとケアできるクリーム。
黒ずみだけじゃなく、色素沈着や毛穴のぶつぶつ、乾燥肌までケアできるのがラスターです。
プレゼントでついてくるローズクォーツかっさでむくみも解消しましょう。
オススメ度 [star4.0]
価格 4,750円
返金保証 30日間の返金保証
備考 ローズクォーツかっさプレゼント

詳細ページ公式ページ

くるぶしの黒ずみを防ぐためには

くるぶしの黒ずみを予防しよう

くるぶしが黒ずんでしまうと、ケアをしてもきれいになるまでには時間がかかります。

また、しっかりとクリームなどを使ってケアをしても、油断をするとすぐに黒ずんできてしまいます。

綺麗な脚でいるためには、意識して黒ずみを予防する必要があります。

  • 紫外線から守る
  • 保湿する
  • 摩擦を防ぐ
  • 血行をよくする

これらを意識して黒ずみを予防しましょう。

紫外線から守る

黒ずみの天敵は紫外線です。紫外線を浴びることでメラニンが刺激されて黒くなっていきます。

夏場はもちろん、冬場でも紫外線対策をしてメラニンを蓄積させないようにしましょう。

保湿する

クリームや美白化粧品などでくるぶしを保湿することも必要です。

乾燥していると、黒ずみをさらに悪化させる原因にもなります。

しっかりと保湿して色素が沈着しないように予防していきましょう。

摩擦を防ぐ

くるぶしなどは特に摩擦に気を付けましょう。

  • あぐらをかかない
  • 正座をしない
  • 女の子座りをしない
  • 普段はくるぶしまである靴下を履く

これらを意識すると摩擦を減らすことができます。

普段はできるだけくるぶしまである靴下を履いて保護してあげて、ここぞという時にそなえましょう。

血行をよくする

血行が悪くなると肌のターンオーバーが遅くなり、黒ずみやすくなります。

普段からお風呂に使ったり、マッサージをして血行をよくすることを心がけましょう。

重曹を使ってくるぶしの黒ずみをケア

重曹で黒ずみをケア

できるだけ費用をかけずにケアしたい!そんな方の場合は重曹を使った黒ずみパックもオススメです。

使い方は簡単で、

  1. 食用の重曹と水を1:1で混ぜる
  2. 黒ずみが気になる部分に塗る
  3. 10分間パックする
  4. しっかりとぬるま湯で洗い流す
  5. 化粧水や美容液で保湿する

この重曹パックを週に1度くらいするのがオススメです。

毎日してしまうと肌のバリア機能が崩れて、紫外線の影響を受けやすくなるのでシミや黒ずみの原因にもなってしまうので注意しましょう。

重曹パックの注意点まとめ

  • 食用の重曹を使う
  • パックは週に1度だけ
  • 重曹が乾かないように注意
  • 肌はこすらないように優しくする

重曹パックは安価で手軽できますが、注意点だけは守るようにしてくださいね。

綺麗になるまでは時間がかかるので、早く楽にきれいにしたい場合はクリームを使うのがオススメです。