シミ対策

手の甲の血管が浮き出てるのを治したい!自宅で簡単にできる方法ってないの?

手の甲の血管が気になる!どうすれば治すことができる?

いつからか手の甲の血管が浮き出てくるのが目立つようになってきた。ミミズみたいな血管を何とかしたい!

意外に悩んでいる女性が多いのが手の血管。

手の血管が目立つと老けて見えるし早く治したい!といった方のために原因、治療方法やケア方法を徹底解説しています。

手の血管が目立つのはハンドベインと呼ばれる状態

手の血管が目立つのはハンドベインと呼ばれる状態です。

ほとんどのハンドベインは病気というわけではなく、静脈が広がっている状態のことです。

血行面での異常などは特にありません。

ですが、血管が目立つを老けて見えるし、精神的にもイヤな気持ちになるので何とかしたいですよね。

原因は主に加齢や生活習慣

手の血管が目立ってくる原因のほとんどは加齢や生活習慣によるものです。

加齢で血管や皮膚が老化している

年齢とともに女性ホルモンの分泌量が減って、コラーゲンの分泌量や新陳代謝が下がってきます。そうなると皮膚が薄くなって肌がたるんできます。

また、年齢を重ねると血管も老化してきます。血管が老化すると弾力性がなくなり血管が目立ちやすくなります。

糖分が多い食事や過度な飲酒、喫煙、運動不足など乱れた生活習慣を繰り返すと老化を早める原因にもつながります。

紫外線による光老化

紫外線をたくさん浴びることでしわやシミ、たるみが増えて肌の新陳代謝が悪くなります。これを光老化と呼びます。

手や腕は紫外線を浴びる機会も多いので、しっかりとケアをしないと光老化しやすい場所です。

また、乾燥やかぶれを放置すると皮膚が老化するので乾燥の時期や、水を使った仕事をしてる方などは特に注意が必要です。

手の血管が気になる場合、病院、自宅ケアどちらを選ぶべきか

手の血管が気になる場合、放置しても決してよくはなりません。

病院で施術をして治すのか、自宅でしっかりとケアして治していくのか。

どのような治療方法があるのかを紹介します。

病院でハンドベインを治療する場合

ハンドベインの治療法は大きく分けて2つあります。

  • 血管に硬化剤を注射する
  • レーザーで血管を縮小させる

症状によって施術内容が変わります。

病院で行う施術は、目立つ静脈を小さくする、埋めてしまうという施術です。

気になる部位に直接作用させるので高い効果を期待できる

  • 医師の腕による効果の差がある。
  • 費用が比較的高い(自由診療なので保険がきかない)
    硬化療法で片手10万円~
    レーザー治療の場合、片手25万円~

参考:東京ヴェインクリニック

自宅でケアをする場合

自宅でケアをする場合は簡単ですが、時間がかかります。

  • 専用のクリームを使う
  • しっかりと保湿、紫外線対策をする
  • 手をマッサージする
  • 身体や手を温める

これらが基本になります。

手の甲専用のクリームを使う

市販のハンドクリームでも保湿はできます。ですが、すでに浮き出てしまった血管をケアするためには専用のクリームを使うことがオススメです。

痩せてしまった角質層までしっかりとケアをして、ハリや弾力を回復させるためにはハンドピュレナがオススメです。

手に特化したケアクリームなので効果も期待できるのがうれしいですね。

ハンドピュレナの詳細はこちらをごらんください。

>>https://www.handpurena.com

保湿、紫外線対策も忘れずに!

ハンドピュレナなどでしっかりとケアしたうえで、外出時や乾燥時にはしっかりとした保湿ケア、紫外線対策が必要です。

これは市販のハンドクリームや日焼け止めなどを使用するのがよいでしょう。

マッサージもオススメ

手は毎日働いています。また、手にはたくさんのツボがあります。

毎日お風呂上りや寝る前などにマッサージしてあげることで休ませることができます。

オススメのハンドマッサージの紹介はこちら
>>>ニベア|ハンドマッサージ

身体や手を温める

冷え性の女性は手が老化しやすいです。

新陳代謝を上げるためにも身体や手を温める習慣をつけましょう。

また、食べるものも冷えたものよりも常温のものを食べるなどの意識が必要です。

してはいけない行為

手の老化を早めてしまうことを紹介します。

  • 過剰な手洗い
  • 手をこすること
  • 長時間の入浴

これらの行為は手を乾燥させます。

手が乾燥すると肌が弱ってしまうので注意しましょう。